暮らしの情報

富岡町議会

議会からのお知らせ

国が来年1月避難指示解除の提案を取り下げ(平成28年11月28日更新)

平成28年11月24日、富岡町役場郡山事務所 桑野分室(議場)において、第13回臨時会及び全員協議会を開催しました。

臨時会では、福島県人事委員会勧告を受け、特別職や職員の期末手当等の支給額を変更する議案について慎重に審議し、全て原案のとおり可決しました。

 

その後、全員協議会を開催し、以下の案件について協議しました。

○避難指示解除について(内閣府)

先月25日の全員協議会で国が示した来年1月の避難指示解除について、提案を取り下げるとの説明が内閣府よりありました。議員からは、避難指示解除という当町にとって重大な問題を軽々しく提案したり、取り下げたりすることは、町民に混乱と不安を与えるので、もっと慎重に熟慮してから示してほしいとの強い要望が出されました。

○夜ノ森駅除染工事について(総務課)

 夜ノ森駅構内のつつじについて、つつじ自体の線量が高いため、伐採して徹底した除染を行う必要があるとの判断が総務課より示されました。ただ、完全に取り除くわけではなく、伐採した根から出ている枝を養生し、再生を図るという方針です。議員からは、残念だがやむなしとの声が聞かれました。

○まちづくり会社「とみおかプラス」について(企画課)

 とみおかまちの再生・発展に取り組む民間主体の団体「とみおかプラス」の設立概要について、企画課より説明を受けました。議員からは、運営方針や職員の勤務体制、取り扱う事業など、様々な質問があり、行政が関わりすぎることで民間の事業を圧迫することがないよう、求める声が聞かれました。

○空き家・空き地バンクについて(企画課)

 空き家・空き地バンク事業の概要について、企画課より説明を受けました。議員からは、近くにどんな方が住むか不安に思う町民もいるので、利用申し込み時に申請者をしっかりと審査する体制を整えてほしいとの要望が出されました」。

※「空き家・空き地バンク」とは

・売りたい、貸したい物件の登録と情報提供

・登録物件に関する売買、賃借の仲介(マッチング)

○災害公営住宅(戸建)買取契約について(企画課)

 曲田地区に建設される災害公営住宅(第1期・第2期1工区)の物件の詳細について、企画課より説明を受けました。

【第1期分】

 ・40戸 平屋建て 延床面積...67~69㎡ 物置1棟 駐車場2台

 ・10戸 2階建て 延床面積...83.75㎡ 物置1棟 駐車場2台

 ・集会所 平屋建て 延床面積...108㎡ 駐車場6台

【第2期1工区分】

 ・14戸 平屋建て 延床面積...68.5~71㎡ 物置1棟 駐車場2台

○2次救急医療施設「ふたば医療センター(仮称)」について(健康福祉課)

 王塚地区に建設、開院予定の2次救急医療施設について、施設の規模や開院までのスケジュールについて、健康福祉課より説明を受けました。

【開院時期】 平成30年4月予定

【運営】   県立医科大学の全面的な支援のもと、県立病院として運営

【診療内容】 救急・総合診療(救急医療全般、外科的・内科的疾患)

①救急医療 ②在宅復帰を支える医療 ③緊急被ばく医療

【病床数】  30床を予定

○富岡駅舎建設工事に伴う負担金ついて(拠点整備課)

 JR富岡駅に整備されるバリアフリー対応のエレベーターにかかるスケジュールや工事負担金について、拠点整備課より説明を受けました。議員からは、エレベーターの必要性は認識しつつも、整備費用が大きくなることから、JRとの負担割合等の詳細な説明を求める声が聞かれました。

【整備工事費】

 総額 2億1000万円(町負担 1億4000万円(2/3) JR負担 7000万円(1/3))

【整備後20年間の維持管理費・維持更新費】

 総額 6000万円(町負担 3000万円(1/2) JR負担 3000万円(1/2))

2016.11.24 全員協議会.JPG

前の記事 前のページへ戻る 次の記事

Copyright (C) TOMIOKA TOWN. All Rights Reserved.
Proudly powered by Wordpress and designed by code reduction