暮らしの情報

富岡町議会

議会からのお知らせ

『平成29年第10回12月定例議会のお知らせ』(平成29年11月30日更新)

【議会日程】

 平成29年第10回12月定例議会は、平成29年12月13日(水)から14日(木)までの2日間の会期で、富岡町役場議会議事堂において開会します。

 開会時刻は、午前10時となっております。町政を知るよい機会ですので、お気軽に傍聴におこしください。

 

【定例議会 会期日程】

月日

時刻

内容

12月13日(水)

午前10時

・   開会

・   会議録署名議員の指名

・   会期の決定

・   諸報告

・   議案の一括上程

・   提案理由の説明および一般町政報告

・   一般質問

・   議案の趣旨説明、質疑、討論、採決

12月14日(木)

午前10時

・   開会

・   会議録署名議員の指名

・   議案の趣旨説明、質疑、討論、採決

・   委員会報告


 

【一般質問】

 一般質問は、議員が町の行財政全般にわたって執行機関に問題点をただし、所信の表明を求めて政治姿勢を明らかにするものです。

質 問 者

質問の件名・内容 

渡辺 正道 議員

1.町の農業復興・振興対策について

(1)昨年度作成した農業アクションプランに基づく各分野別の事業の進捗状況を伺いたい。

(2)個々の農家の営農再開を支援しつつ、認定農業者や生産組合・団体を核とし、大規模化・六次産業化を考慮にいれた新たな農業への取り組みや支援が必要と考える。そのためには意向調査やそれに基づく勉強会の開催等、取り組みは現在どのようになっているのか伺いたい。

 

2.町内の野生動物・有害鳥獣対策について

(1)現在までの野生動物等による被害状況の内訳及び処分頭数の推移は震災後どのようになっているのか伺いたい。

(2)これらの捕獲・処理は現在どのように行われているのか伺いたい。

(3)これら野生動物等から人間への外部・内部寄生虫被害や狂犬病をはじめとするウィルス・細菌感染等、人畜共通伝染病のリスクに対して、町民・関係者への周知が不足していると思うが考えを伺いたい。

(4)処理段階の動物の放射性物質による汚染状況をモニタリングし、町民に周知することは非常に有意義と考えるがデータを集積しているのか、また行っていないのであれば除染の間接的効果判定並びに自然環境の変化把握に非常に重要であり、関係機関と連携し実施すべきと考えるが町の考えを伺いたい。

早川 恒久 議員

1.廃炉技術の人材育成について

(1)廃炉技術を継承する学校の整備を東京電力社長に提案したが、積極的に交渉すべきでは。

 

2.第二原子力発電所の今後について

(1)第二原子力発電所を有効に活用して、廃炉を安全で効率的に遂行するためのモデルとなる施設を整備するように国、東京電力に要望してみてはどうか。

遠藤 一善 議員

1.夜の森さくら祭りについて

(1)帰還困難区域内の「桜通り」は道路敷き両側50mの除染が行われているが、来春の桜開花時には「さくら祭り」事業として、一般客も含め「桜のトンネル」をバス内から見ることは可能か。

(2)現時点での「桜通り」除染の効果は。

 

2.町内生活環境改善について

(1)町内生活における更なる環境改善に向け、歯科医院・薬局等の医療関係及び理髪店・美容院、クリーニング店、衣料品店等の生活関係の事業再開に向け、町として新たな支援策が必要と考えるが、町の考えは。

渡辺 高一 議員

1.特定廃棄物埋立処分施設について

(1)この事業は全国でも初めてのことで、本町は今後どのような監視・管理体制を取り、安全確保に努めるのかお伺いします。

 

前のページへ戻る 次の記事

Copyright (C) TOMIOKA TOWN. All Rights Reserved.
Proudly powered by Wordpress and designed by code reduction