子宮頸がん予防接種の積極的勧奨の差し控えについて(平成25年07月16日更新)

更新日:2013年07月16日

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。


子宮頸がん予防接種につきましては、平成25年4月1日より定期予防接種となり、対象の方に積極的な接種勧奨(個別通知)を行なっておりましたが、平成25年6月14日に開催された、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、積極的な接種勧奨を差し控えることが決定されました。
これは、接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されたことから、副反応症例について調査し、副反応の発生頻度をより明らかにし、適切な情報を皆様に提供するための措置となります。
なお、積極的な接種勧奨の差し控えとなりましても、これまでどおり定期接種として接種が可能ですが、下記のリーフレットを参考に、有効性とリスクを理解した上で接種の判断をしてください。

子宮頸がん予防ワクチンを受ける皆さまに向けた文書
子宮頸がん予防ワクチンを受ける皆さまに向けた文書の2ページ目
この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり課 健康づくり係

〒979-1192
福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚622番地の1
電話番号:0240-22-2111 ファクス:0240-22-0899

現在の位置