平成28年度軽自動車税について(平成28年3月29日更新)

更新日:2016年03月29日

平成28年4月1日時点での所有者に課税されます。平成28年4月2日以降に廃車・名義変更等をされた場合でも、軽自動車税の月割課税や一部還付等はできませんので、ご注意ください。

発送日と納期限について

平成28年度の軽自動車税の納税通知書は、平成28年4月15日(金曜日)に発送となります。

金融機関またはコンビニエンスストアで納めることができ、納期限は平成28年5月2日(月曜日)です。

口座振替で納税されている方は、納税通知書が届きましたら振替口座の確認及び残高の確認をお願いいたします。

口座引落しは平成28年5月2日に実施させていただきます。なお、口座変更については富岡町指定の金融機関へ届出が必要になります。届出用紙は税務課にありますので、お問合わせください。

課税対象

四輪の軽自動車、二輪の小型自動車、新規登録の小型特殊自動車

小型特殊自動車につきましては、平成26年度以降に新規登録した車両に対して課税されます。

税率について

国及び地方を通じた自動車関連税制の見直しに伴い、平成28年度より軽自動車税の税率が引き上げられます。本町においても、この改正を踏まえた町税条例の改正により、軽自動車税が引き上げられます。

原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車等 

購入や登録の時期にかかわらず、すべての車両について平成28年度分より新税率が適用されます。

原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車等の税率
車種 旧税率(現行)
(平成27年度まで)
新税率
(平成28年度より)
【原動機付自転車】
50cc以下

1,000円

2,000円
【原動機付自転車】
50cc超90cc以下
1,200円 2,000円
【原動機付自転車】
90cc超125cc以下
1,600円 2,400円
【原動機付自転車】
ミニカー
2,500円 3,700円
軽自動車二輪車 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車 4,000円 6,000円
小型特殊自動車
農耕作業用
1,600円 2,000円
小型特殊自動車
その他
4,700円 5,900円

二輪の小型自動車および平成26年度以降に新規登録した小型特殊自動車は、課税対象です。

四輪以上および三輪の軽自動車

最初の新規検査年月(車検証の「初度検査年月」)より〈1〉現行税率、〈2〉新税率、〈3〉重課税率のいずれかの税率になります。

重課(平成28年度分より)

初めて車両番号の指定を受けてから13年を経過した三輪以上の軽自動車:概ね20%重課

電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車、ガソリン電力併用軽自動車被けん引車は、重課税率の対象外となります。

四輪以上および三輪の軽自動車の税率

車種 〈1〉現行税率
平成27年3月31日以前に初年度登録
〈2〉新税率
平成27年4月1日以降に初年度登録
〈3〉重課税率
新規検査より13年経過
三輪(総排気量660cc以下) 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上(総排気量660cc以下)
乗用・自家用
7,200円 10,800円 12,900円
四輪以上(総排気量660cc以下)
乗用・営業用
5,500円 6,900円 8,200円
四輪以上(総排気量660cc以下)
貨物用・自家用
4,000円 5,000円 6,000円
四輪以上(総排気量660cc以下)
貨物用・営業用
3,000円 3,800円 4,500円

既存車・新規車は問いません。

初年度登録年月は車検証の「初度検査年月」欄で確認できます。

三輪以上の軽自動車に係るグリーン化特例(軽課)について

平成27年4月1日~平成28年3月31日までに初度検査(登録)を受けた排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい三輪以上の軽自動車の税率が平成28年度分のみ軽減されます。

三輪以上の軽自動車に係るグリーン化特例(軽課)
軽課税率の区分 概ね75%軽減 概ね50%軽減 概ね25%軽減
軽課税率の対象 電気自動車・
天然ガス自動車
乗用:平成32年度燃費基準+20%達成車
貨物用:平成27年度燃費基準+35%達成車
乗用:平成32年度燃費基準達成車
貨物用:平成27年度燃費基準+15%達成車
車種:三輪 1,000円 2,000円 3,000円
車種:四輪 乗用・自家用 2,700円 5,400円 8,100円
車種:四輪 乗用・営業用 1,800円 3,500円 5,200円
車種:四輪 貨物・自家用 1,300円 2,500円 3,800円
車種:四輪 貨物・営業用 1,000円 1,900円 2,900円

各燃費基準の達成状況については、車検証の「備考」欄に記載されています。

 

平成28年度軽自動車減免申請について

マイナンバー制度の導入により、今回より申請書に納税義務者の個人番号または法人番号の記載が必要になります。個人の方は、申請時に必ず個人番号カードまたは通知カードと運転免許証などの顔写真付き身分証をご持参ください。なお、法人番号の場合は、本人確認資料の添付は不要です。

申請期限 

平成28年4月15日(金曜日)~平成28年4月25日(月曜日)まで(郵便の場合4月25日消印有効)

申請期限を過ぎた場合、申請を受け付けることはできませんのでご注意ください。

申請に必要な書類等

  • 軽自動車税減免申請書
  • 印鑑(認印可)
  • 平成28年度軽自動車税納税通知書(原本)
  • 納税義務者の個人番号カード(両面写し可)または通知カード(写し可)+(注釈1)
  • 身体障害者手帳等の写し(該当者のみ)

(注釈1)

  • 申請者が本人の場合
    • 本人確認ができる書類(運転免許証等顔写真付きのものは1つ、保険証等は2つ以上)
  • 申請者が代理人(車両の所有者と申請者が異なる)の場合
    • 委任状(任意様式可)
    • 代理人の運転免許証等の身分証明書

本人確認(番号確認+身元確認)ができない場合、受付できないこともありますのでご注意ください。

提出先

役場郡山事務所税務課またはいわき支所、三春・大玉、各出張所

軽自動車の減免を受けられる対象者は、次に該当する方になります。

身体障がい者

  • 身体に障がいのある方、知的・精神障がいのある方のために使用される車両で、一定の要件に該当するものについては、申請により軽自動車税を全額減免しています。過去に減免を受けていた車両に関しましては、引き続き減免を適用します。
  • 新たに軽自動車を取得した、使用する車両が変更になった、新規で申請する場合については、役場税務課へご相談ください。
  • 減免を受けようとする年の4月1日現在において、身体障害者手帳等の交付を受けている必要があります。
  • 減免できるのは1人1台限りで、すでに普通自動車で減免を受けている方は対象となりません。

原子力災害により避難指示区域内に放置された車両

平成28年4月1日時点で避難指示区域内から持ち出していない車両が対象です。

  • 減免申請により減免が決定した車両については、車検で必要な納税証明書が発行できませんので、ご注意ください。
  • 減免の決定を受けた後に納税証明書が必要な方は、避難指示区域から車両を搬出した経緯が分かるもの(一時立入車両通行許可証の写し、業者に依頼した方は費用を負担した領収書など)を提出してください。

用途の廃止に伴う永久抹消登録された軽自動車に係る特例について

  • 警戒区域内の自動車で、用途の廃止を事由とした永久抹消登録等がなされたものに対しては、平成23年3月11日にさかのぼって、軽自動車税が課されません。
  • 警戒区域が解除された場合も、解除された後2ヶ月以内に用途の廃止を事由とした永久抹消登録等がなされたものに対しては、軽自動車税が課されません。
  • 申告をしていただく必要がありますので、役場税務課にお問合わせください。

「被災車両として廃車されたことの証明書」を確認させていただきます。

軽自動車各種手続きに関するお問合わせ先

軽自動車各種手続きに関するお問合わせ先一覧
内容 問合わせ先
軽四輪、軽二輪(排気量125cc超250cc以下)の抹消手続き
軽自動車の自動車重量税
軽自動車検査協会いわき支所
電話番号:050-3816-1838
原動機付自転車(排気量125cc以下)、小型特殊自動車の抹消手続き
軽自動車税
富岡町役場郡山事務所 税務課
電話番号:0120-33-6466
二輪の小型自動車(排気量250cc以上)の抹消手続き
普通自動車の自動車重量税
いわき自動車検査登録事務所
電話番号:050-5540-2016

 

この記事に関するお問い合わせ先
税務課 課税係

〒979-1192
福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚622番地の1
電話番号:0240-22-2111 ファクス:0240-22-0899
現在の位置