平成26年第1回富岡町議会定例会が閉会

更新日:2014年03月20日

富岡町役場郡山事務所 桑野分室で開催した平成26年第1回富岡町議会定例会は、全ての案件が議了し3月18日(火曜日)に閉会しました。

今回の定例会では、教育委員などの選任に同意する人事案件をはじめ、平成25年度会計の補正予算や平成26年度会計の当初予算などの議案が提出され、慎重に審議した結果、全て原案のとおり可決されました。

 また、議員による「TPP交渉に関する意見書」及び「手話言語法制定に求める意見書」が可決されました。  

(写真)町役場郡山事務所桑野分室で開催した平成26年第1回富岡町議会定例会の様子

人事案件に同意

 教育委員の辞任及び任期満了に伴い、教育委員2人を選任する同意案件が提出され、いずれも賛成11票、反対2票の賛成多数で同意しました。

(敬称略)

  • 教育委員 石井賢一 氏
    任期:平成26年4月1日~平成29年3月31日 ・残任期間
  • 教育委員 猪狩いづみ 氏
    任期:平成26年4月1日~平成30年3月31日

一般会計や特別会計を減額補正

 事業の完了及び整理により、一般会計予算を171万円減額補正しました。

これにより、平成25年度一般会計および特別会計予算の総額は、148億7325万円となります。

宮本町長、就任初の当初予算

 町長就任後初となる平成26年度当初予算は、一般会計104億3345万円、特別会計72億6361万円の総合計、176億9706万円となりました。

 主な事業としては、防犯カメラ設置に5億4千万円、個人線量被ばく検査管理委託に3億933万円、捕獲処分した家畜等の安全処理に5億円です。

2つの意見書を国に提出

ふたば農業協同組合より請願を受けた「TPP交渉に関する意見書」および社団法人福島県聴覚障害者協会より請願を受けた「手話言語法制定を求める意見書」は、審議した結果、全会一致で意見書を可決しました。

現在、国は国益をかけたTPP交渉を行なっていますが、我が国は衆参農林水産委員会決議や自民党決議を必ず実現することと国民へ情報開示を徹底することを要望することを求めるものです。

また、手話が音声言語と対等な言語であることを広く国民に広め、手話を言語として普及、研究することのできる環境整備を目的とした「手話言語法(仮称)」を制定することを求めるものです。

2つの意見書は、地方自治法第99条の規定により、衆参両議院議長や内閣総理大臣をはじめとする関係大臣に提出します。

議会常任委員会の所管課を見直す

平成24年4月以降、2つの常任委員会を設置し、事務調査を適切に行なってきましたが、町の復旧・復興が進む過程で、常任委員会所管課の調査内容に偏りが出始め、新たな業務を丁寧かつ慎重に調査することが難しくなりつつあるため、常任委員会が調査する所管課を一部変更しました。

議会の議決すべき案件を定める

地方自治法の一部を改正する法律が公布されたことにより、基本構想の法的な策定義務はなく、策定及び議会の議決を経ることは町独自の判断に委ねられることになっています。

町議会は、基本計画は町の総合的で計画的な行政運営の指針を示すものであり、町の将来像を描き町民に長期的な展望を示すものであること、更には、議会の承認を得ることは、町全体の総意により策定されたものであることを裏付けるためにも必要であることから、法的な策定義務がなくても議会の議決を経て策定すべきであると考え、基本構想及び5ケ年以上にわたる基本計画は議決を要する案件と定めました。

一般質問等の動画

町政報告

遠藤一善議員一般質問

  1. 放射線学習について
  2. 再生可能エネルギー政策について

堀本典明議員一般質問

  1. 町のグランドデザインについて

渡辺三男議員一般質問

  1. 福島エコテックについて
  2. 解体除染について
この記事に関するお問い合わせ先
議会事務局 議事調査係

〒979-1192
福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚622番地の1
電話番号:0240-22-2111 ファクス:0240-22-0899
現在の位置