平成26年第3回富岡町議会定例会が閉会(平成26年6月25日更新)

更新日:2014年06月25日

富岡町役場郡山事務所 桑野分室で開催した平成26年第3回富岡町議会定例会は、全ての案件が議了し6月18日(水曜日)に閉会しました。

今回の定例会では、人権擁護委員や固定資産評価委員の選任に同意する人事案件をはじめ、平成26年度会計の補正予算や税条例の改正などの議案が提出され、慎重に審議した結果、全て原案のとおり可決されました。 また、「富岡町民全員一律賠償を求める意見書」は、全会一致で原案のとおり可決されました。  

(写真)町役場郡山事務所桑野分室で開催した平成26年第3回富岡町議会定例会の様子

人事案件

人権擁護委員及び固定資産評価委員の任期満了に伴い、人権擁護委員に佐藤晴美氏を、固定資産評価委員に冨沢真澄氏をそれぞれ適任であると全会一致で決議しました。

人権擁護委員

佐藤晴美 氏

任期:平成26年10月1日からの3年間

固定資産評価委員

冨沢真澄 氏

任期:平成26年7月1日からの3年間

一般会計予算を増額補正

一般会計予算を3億4185万2千円増額し、予算総額109億4872万8千円としました。 増額補正した主な事業は以下のとおりです。

  • いわき地区施設整備費 9569万2千円
  • 農地等維持修繕事業費 1億1098万1千円
  • 工業団地事業費 1億2230万円

「富岡町民全員一律賠償を求める意見書」を国に提出

司法書士渡辺和則氏から請願を受けた「富岡町民全員一律賠償を求める意見書」は、審議した結果、全会一致で可決しました。

原発事故後の不公平な賠償手続きによって、住民間の賠償格差や分断がおきている窮状を踏まえ、避難区域にかかわらず町民全員一律の賠償手続きがなされることを国に強く求めるものです。

この意見書は、地方自治法第99条の規定により、衆参両議院議長や内閣総理大臣をはじめとする関係大臣に提出します。

一般質問等の動画

町政報告

安藤正純議員 一般質問

  1. 賠償上乗せADR申し立てについて
  2. 原子力発電所所在町情報会議の開催について
  3. 共同墓地造成の依頼について

遠藤一善議員 一般質問

  1. 道路網整備について
  2. 町外役場機能施設について

早川恒久議員 一般質問

  1. 事業再開の支援について

渡辺英博議員 一般質問

  1. フクシマエコテッククリーンセンターの活用について
  2. 賠償について

黒澤英男議員 一般質問

  1. 特定廃棄物埋立最終処分する計画案について
  2. 富岡町民全員一律賠償実現に向けた活動と、浪江町の賠償上乗せADR申し立てについて
この記事に関するお問い合わせ先
議会事務局 議事調査係

〒979-1192
福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚622番地の1
電話番号:0240-22-2111 ファクス:0240-22-0899
現在の位置