賠償に関する東京電力の考え方を確認(平成29年10月31日更新)

更新日:2017年10月31日

 平成29年10月27日、富岡町役場全員協議会室において、原子力発電所等に関する特別委員会及び全員協議会を開催しました。各会での議題や議員から出された意見は以下のとおりです。

原子力発電所等に関する特別委員会

議題

賠償について

説明者

東京電力ホールディングス株式会社

議員から出された意見・要望

  • 商工業・農業・漁業などの業種よって賠償に格差がある明確な理由を示すべき。
  • 営業損害において、個別の事業を聞くだけでなく、ある程度のケーススタディを取り入れるべき。
  • 帰還困難区域内の建物が解体できないことにより、借地を現状復旧できずに持ち主に返還できない人がいる。借地料に対する賠償の考え方を示すべき。

全員協議会

議題

特定廃棄物等の埋立処分事業について

説明者

環境省

議員から出された意見・要望

  • 送水管を固定したり、雨水排水の流れとケーブルを分離したり、前回の全員協議会で指摘した事項は、概ね対処されていると感じた。なお一層の安全管理を求める。
  • 町民が一番気にするのは、埋立処分場から排水される水が安全かどうか。
    六反田川の水質のモニタリング結果がわかるような環境を整えるべき。
  • 今後、さらにトラック等の交通量が増えることが予想される。空気中の粉塵検査を定期的に行い、モニタリング結果を公表すべき。
(写真)平成29年10月27日、富岡町役場全員協議会室にて開催された原子力発電所等に関する特別委員会及び全員協議会の様子
この記事に関するお問い合わせ先
議会事務局 庶務係(監査委員会)

〒979-1192
福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚622番地の1
電話番号:0240-22-2111 ファクス:0240-22-0899
現在の位置